Browse By

お産の兆候には、痛さのある陣痛があります

お産の兆候には、陣痛があげられます。この陣痛とは、腹部に鈍い痛さから鋭い痛さに変わる出産前に訪れる至難です。陣痛が始まると出産がまじかな事を告げています。陣痛とは、規則的に訪れる腹部の痛さです。この間隔が、狭くなると出産が始まります。ですから病院へのお産には、陣痛が始まってから行く事が大切です。陣痛の兆候は腹部の痛さですが、鈍痛の時にはわかりにくい症状です。初めてのお産では、陣痛の痛さが我慢出来ない場合があります。それでも無痛の時がありますので、病院や家族に知らせる事が可能です。多様な出産の兆候はありますが、陣痛が最大の出産時期を知らせてくれます。この陣痛が長い人もいれば、短時間の陣痛で出産が出来る人もいます。陣痛の間隔で、生まれる時が理解出来ます。ですから出産のサインは、見逃せない陣痛が最も出産まじかに現われます。

お産の兆候の前駆陣痛について

お産の兆候として、前駆陣痛が起きる人もいます。臨月に入るといつ陣痛が起きてもおかしくないため、お産の準備をしている妊婦が多いです。しかし、予定日よりも1ヶ月以上早く出産する人もいれば、予定日を超えても陣痛が起こらないという人もいます。そのため、予定日ぴったりに出産をする人はほとんどいません。前駆陣痛は、お腹が張ったり、軽い生理痛のような痛みがおきたりします。しかし、本当の陣痛と違い、定期的な痛みではなく、不定期に痛みがあります。途中で痛みが止まってしまうことも多いです。しかし、徐々に不定期な痛みから、定期的な痛みに変わっていくと、陣痛の始まりです。本陣痛は前駆陣痛とは比べものにならないくらい痛みが強いです。痛みの感覚が15分程度くらいになったら、出産をする病院へ連絡をしてみましょう。もし、破水をした場合は、陣痛がなくてもすぐに病院へ行きましょう。

知っておこう!お産の兆候のあれこれ

妊娠後期に入ると、じょじょに気になり出すのがお産の兆候です。出産予定日が近づいてくると、いつどのようにお産が始まるのか、どきどきしますよね。臨月に入ってから始まるお産の兆候は、一般的に陣痛から始まると思われがちですが、実は人によってさまざまです。お腹の赤ちゃんが下がってくることによって、胃がすっきりし、食欲が増してくる人もいます。また、赤ちゃんの頭がお母さんの骨盤にはまって固定されるので、胎動が少なく感じることもあります。そして前駆陣痛という痛みの間隔が一定ではないお腹の張りがくることもあります。前駆陣痛でおさまる場合もありますし、本陣痛に繋がることもあります。他にも、おしるしという少量の出血や破水から始まる出産もあります。破水の場合はすぐに病院に連絡する必要があります。お産の兆候にはどんなものがあるのか、いざ始まってから慌てないように、事前に知っておくことが大切です。