先輩ママに聞く幼稚園受験で勝つための方法

子どもをより良い環境で育てたいという思いを幼稚園受験という形で叶える家庭が増えています。その利点として、高校や大学まで付属になっていることで高校受験や大学受験を避けられ、伸び伸びと学業やそのほかの能力を伸ばすことに力を入れる時間が取れること、そして、独自の教育理念のもとで成長していけることで子どもが迷わずに前に進んで行けることが出来る環境が整えられることがあげられます。また、同じ思いを持つ保護者がいる環境であることは親としても心強い環境の中での子育てができるということもあります。近年子どもの教育資金をかける家庭が増えていることで幼稚園の受験に挑む子どもが増え、その競争率も高くなっている現状があります。その中で合格を勝ち取るには親子で努力していく必要があります。

幼稚園受験に必要なことについて

幼稚園の受験は運動、知能、行動観察と面接を実施するところが多いです。行動観察は自由遊びの中で友達との協調性、ルール、マナーが出来ているかなどを見ます。また、面接では普段の家庭での様子、言葉使いなどを見られます。こうしたことから、普段の生活の中で親が子どもにきちんとした教育をしているかが結果として出るのです。普段から正しい言葉使い、様々なことに興味を持ちそれを考えていく力、友達との触れ合いの中で譲る、譲られる、片付けなどを率先して自然に行えるかが合否を大きくするものです。ですから、受験を決意したら、家の中でもしっかりと様々なことを経験させて、身につけさせていくことが必要になるのです。そして、積極的に人とのかかわりを持たせて体感させることが大切です。

幼稚園受験に合格するための教室

幼稚園の受験に向けた教室も多くあります。希望する幼稚園の入試傾向、幼稚園情報などのノウハウを持った専門的な教室では、必要な能力や当日まで覚えること、身に着けることのカリキュラムが整えられているので親子で様々なことを吸収していくことが出来ます。また、そこで子どもの様子を見ることで入試までの家庭で行うべき課題が見つかり、家庭での過ごし方のヒントにもなります。子どもは親が大好きです。ですから親に褒められることで能力をあげていくことが出来るのです。子どものペースを崩さず、忍耐強くやるべきことを進めていくことで苦手意識を無くしたり、自然に身についていきます。それが合格を勝ち取る方法です。親子で同じ目標に向けて努力することは、子どもにとってもとても大きな成長になるのです。