幼稚園受験にかかる費用をまとめました

有名私立幼稚園というと、裕福な家庭のご子息が通うイメージが強くありますが、ここ数年来、一般家庭の幼児たちも数多く通うようになってきました。もちろん、学費は他の幼稚園と比較すると10倍近くは高額になりますが、共働きの夫婦が増え、子供にかけることができる教育費が大きくなったことまた、子供の将来を考えた場合、幼稚園の時から英才教育を受けさせたいという親が増えているのです。もちろん、こういった親心は大切なのですが、まずは幼稚園受験に打ち勝つことが大切になります。しかしながら、高校や大学と異なり、受験する本人の意志よりも、親の思い入れの方が強くなるので、受験対策が難しくなるのです。そこで、最近では、有名私立幼稚園の受験に特化した学習塾も数多く開講していますので、こういったものを利用する人も増えています。

幼稚園受験の対策にかかる費用について

有名私立幼稚園が、高校や大学受験と大きく異なるは、志望校対策が容易である点です。というのも、高校や大学の場合、その学校の個性を出すにしても限界がありますが、幼稚園の場合、限度はあるにせよ、非常に自由度が高くなります。したがって、受験問題にしても、その幼稚園の教育方針に沿った内容となりますから、非常に対策しやすい側面があるのです。つまり、有名私立幼稚園の受験に特化した学習塾では、徹底した受験対策が可能なのです。そこで気になるのが、学費になりますが、月に5〜8万円の月謝に教材費が1〜2万円となるのが相場です。決して安価な金額ではありませんが、幼稚園受験で合格しておけば、高校、大学受験は必要ありませんから、長いスパンで考えると高額だとは言えないのです。

有名私立幼稚園に入学した際にかかる費用について

有名私立幼稚園に、子供を入園させる上で気になるのが、学費の問題です。いくら、共働きの夫婦が増え、子供にかけることができる教育費が大きくなったとはいえ、現実的な金額でないと、合格した後で困ってしまうことになりますので、事前に相場観を掴んでおくことはとても大切なことです。まず、入学金についてですが、概ね20万円から30万円が必要となり、月々の学費が、幼稚園によっても異なりますが、10万円から25万円が相場となります。ここに教材費が月に1、2万円プラスされるほか、後援会費などが年間5から10万円程度かかってきます。決して安価なものではありませんが、園児が学習に没頭できる環境を備え、大学卒業まで受験の心配がないこと、また、将来的に大きな才能を開花させることを考えれば、妥当な金額であることは間違いありません。大切なのは、将来にわたって、子供が伸び伸びと学習できる環境を両親がしっかりと整えることなのです。