Browse By

お産の兆候が来たら産院に連絡を

お産の兆候には、大きく分けて、二つのパターンがあります。一つ目は、陣痛からはじまるパターンです。産院の規定や痛みがどのくらいかにもよりますが、一般的には、初めて出産される方は、陣痛が10分間隔になってきたら、産院に電話をします。経産婦の方は、お産の進み具合が早いことが多いので、陣痛の間隔が15分を切ったら、電話をしましょう。二つ目は、破水から始まるパターンです。破水は、尿漏れとはちがい、自分の意思で止められず、アンモニア臭もない生温かい液体で、初めての方でもすぐに気付くことができるでしょう。自宅や外出先で破水をした場合は、その量の多少にかかわらず、すぐに産院に連絡をします。破水をすると、赤ちゃんが外の世界とつながり、感染を起こす危険性が出てくるためすぐに処置を受ける必要があります。シャワーなどもしてはいけません。

お産の兆候とはどんなものでしょうか

お産は出産予定日通りに始まるとは限りません。赤ちゃんの生まれる準備が出来れば、「もうすぐ生まれますよ」と体からメッセージが届きます。見逃さないようにします。お産の兆候は三種類のいずれかがあります。おしるし、陣痛、破水です。おしるしは出血のことです。トイレに行ったときに気づく人が多いです。おしるしがあって数日以内に陣痛があると言われています。おしるしがあってもすぐにお産が始まるわけではないので、慌てる必要はありません。出血量が大量だったり、痛みが強い場合は病院に連絡します。陣痛はお腹の痛みです。10分間隔で規則的に起きるようになったら、病院に連絡します。破水は卵膜が破れて羊水が流れ出ることです。量などは人それぞれで、パチンと音がしたり、尿漏れと区別がつかない人もいます。赤ちゃんへの細菌感染の恐れがあるので、すぐに病院に連絡します。入浴は厳禁です。生理用ナプキンをあてると良いでしょう。

お産の兆候があったら慌てずに

出産の経験というのは何度、体験しても痛いし怖いしでもあかちゃんに会える喜びもありいろいろな感情が混じりあって複雑、ですが感動的な体験ですよね。何人出産しても痛みになれるわけでもなく、子ども、子どもによってお腹の中にいるときから出産する時、もちろん産まれてからもさまざまな個性があり、またお母さんも体調や年齢などによって状況が変わってくる為、同じ母親から産まれてくるとはいってもすべて違う状況にあります。特に一人目のお子さんのお産を控えている方は日々赤ちゃんに会える楽しみとお産の不安とでドキドキしていることでしょう。大体の出産時期はわかっていても日にちまではっきりしませんよね。いよいよ出産が近づいてくるとあらゆる兆候が出てきます。赤ちゃんが下に下がってきて動かなくなったりお産の2、3日前には出血する人もいます。それももうすぐ赤ちゃんに会えるサインです。慌てずゆっくりと過ごしましょう。