Browse By

この兆候が出てきたらいよいよお産です

妊娠して臨月になると、いよいよお産が近づいてきます。お産の兆候は人それぞれで、お腹や赤ちゃんが下がった感覚がある人、骨盤や恥骨が痛くなる人等ありますが一番わかりやすいのが「おしるし」です。「おしるし」とは生理終わり頃の量程度の出血があることですが、この「おしるし」から数日以内にお産が始まることが多いようです。また、出血ではなく尿漏れのような感覚で透明な液体が出たら、破水の可能性がありますのですぐに病院を受診してください。本格的な陣痛が来る前に、前駆陣痛と呼ばれる不定期に起こる生理痛のような痛みが出ることもあります。この痛みが定期的に来るようになったら、いよいよお産の始まりです。痛みの間隔が徐々に短くなっていくので、時間を図り初産の場合は10分、経産婦の場合は15分を切ったら病院に連絡するようにしましょう。

お産の兆候についてあれこれ

初産はもちろんですが、経産婦さんについても、やっぱり赤ちゃんがいつお腹から出て来るのか、とても気になります。初産は経験がないので、その兆候がどんなものか想像の世界でしかありませんし、経産婦においても、上の子の行事やお世話で日々忙しいので、何かイベントの際にお産と言う運びになったらどうしようなどと言う混沌とした日常生活の上で、いわゆるお印が来るのを待っています。このお印と言うのは、一般的に薄ピンクの生理の様な物が、分泌されますが、初めてのママには、これがお印だと気づかない人も多くいます。忙しい日常を送っている経産婦さんも、もしかしたら気づかないかもしれません。それだけインパクトが強烈と言う訳ではない為、もしかしてこれが噂のお印かしらといった程度な訳です。でもお印が来る前にも、なんとなくお腹が下がってきたり、いつもと違う何かを感じる筈ですよ。

お産が近いときにあらわれる3つの兆候

お産が近くなると、おしるし・前期破水・陣痛のうちいずれかの兆候があらわれます。まず「おしるし」は、お腹が強めに張ったり少量の出血が起こることを指します。卵膜と子宮壁の間にずれができることで起こるものですが、このおしるしがあると数日以内に陣痛が始まると言われています。次に「前期破水」は、陣痛が始まる前に起こる破水のことで、子宮内圧の上昇によって起こるものですが、細菌感染によって卵膜が弱くなっている場合もあるので注意が必要です。そして「陣痛」は、赤ちゃんを子宮外へ押し出そうとして子宮が収縮するときに起こる痛みのことで、分娩時だけでなく臨月に入った頃から段階的に強くなります。この分娩前に起こる陣痛は「前駆陣痛」と呼ばれ、不規則なお腹の張りが頻繁に起こるという特徴があります。さらに10分間隔で子宮の収縮が繰り返されるようになると、本陣痛が始まります。